「奥羽自慢 純米吟醸50 山形酵母16-1 (生)」限定発売のご案内

2017年2月9日

IMG_7907「奥羽自慢 純米吟醸50 山形酵母16-1 (生)」を2017年2月14日(火)より奥羽自慢の蔵直特約店で販売開始いたします。

新商品「奥羽自慢 純米吟醸50 山形酵母16-1」の火入れ酒の発売に先立ちまして初回限定・予約限定で生酒バージョンを出荷いたします。

山形酵母16-1は山形県が開発した県オリジナルの酵母です。これまで奥羽自慢では辛口の食中酒を理想に7号酵母のみ使用してまいりましたが、吟醸香の華やかさがありながらも利き酒だけではなく飲んでも美味しい「山形の吟醸酒」へのオマージュとして、山形県オリジナルの酵母と酒米でお酒を造りました。

——–
▼商品名/奥羽自慢 純米吟醸50 山形酵母16-1 (生)

▼発売日/2017年2月14日(火)

▼発売場所/奥羽自慢の特約店 http://oujiman.jp/shoplist

※蔵からは特約店に発売日までに到着するよう出荷いたします。入荷および在庫の状況については各店に直接お問い合わせください

▼容量・価格/1800ml・3,000円(税別) 720ml・1,500円(税別)

▼原材料名/米(国産)、米こうじ(国産米)

▼原料米/山形県産出羽燦々100%使用

▼精米歩合/50%

▼使用酵母/山形16-1、9号系(山形KA)

▼アルコール分/15度

▼日本酒度/+1前後

▼酸度/1.7前後

▼アミノ酸度/1.1前後

▼お酒のコメント/“吟醸王国”山形県が開発した山形酵母16-1は良い香りを生成する酵母です。同じく山形県が開発した酒造好適米・出羽燦々とは相性が良く、清々しい香りと柔らかな味わいがバランス良くまとまった「山形の吟醸」を造り出します。原則的に奥羽自慢では「辛口の食中酒」を理想として酒造りをしていますが、このお酒は例外的に、山形県で培われてきた酵母と酒米と吟醸造りの技術と情熱へのオマージュとして、「山形の吟醸」を理想として造りました。

▼公式サイトの商品紹介/http://bit.ly/2kVLVWj